理学科

数学専攻
科学において数学は不可欠な学問です。数学専攻課程では、さまざまな現象の数理的な解析の習得に重点を置き、数学全般の理論およびコンピューターを使った実践的応用、そして情報化時代に対応してソフトウェアを中心とした情報科学全般を学びます。
1、2年次には、全学科共通で微積分を広く学び、線形代数学も基礎から講義とゼミを織り交ぜながら学んでいきます。専門課程ではさらに応用数学、函数解析などの数理理論を深めながらコンピュータープログラミングにも精力的に取り組んでいます。
物理学専攻
物理学はすべての自然現象や科学の基本です。ありとあらゆる出来事は物理的に説明できるはずです。物理学専攻課程では量子力学、相対性理論を基本とする現代物理学の体系的習得に重点を置いています。また身近な現象から宇宙まで、方程式を駆使して解説していきます。2年次から4年次に至るまで基礎から専門的な実験を行い、実験データを通して古典物理から現代物理まで順次学びます。
計算機物理、非平衡系物理など新しい分野にも力を注いでいます。

化学専攻
この世に存在するものは物質です。化学専攻課程では物質の構造、性質、変化を本質的に理解するための基礎理論の履修と実技能力を養うための化学実験に力を注いでいます。卒業研究では、基礎実験からナノ材料や太陽電池の開発まで、先端的な計算化学を取り入れ理論予測と実験的検証に基づいた
実践的な研究を精力的に行い、先端化学の現場で即戦力となる応用力を養います。

生物学専攻
地球は生物の星だといわれます。生物学専攻課程では生物現象のしくみの理解に重点をおいて講義と実験を行うとともに、バイオサイエンスの基礎と応用力を身につけるための各種実習を行い、実践と結びついた教育に力を注いでいます。
卒業研究では関心の高い環境問題や基礎医学、栄養科学まで網羅した幅広い領域に生物学的手法でアプローチを行います。最近では光触媒による抗菌、浄化のメカニズムの解明、そして各種小動物を用いての再生現象の究明、食品に含まれる蛋白質のin vitroからin vivoまでの生理作用を多角的に調べるなどの研究が行われています。