英語学科

英語学科では、「実践的能力」としての英語力を身につけ、21世紀の「国際化」社会において朝鮮人として活躍する人材の育成を目指します。
1、2学年次に「英語学概論」、「英語音声学」をはじめ「英文法」、「基礎英作文」、「一般英会話」などの基礎的な科目を履修したうえで、3学年次から英語学科にて「英語圏文学選読」、「英米文学史」、「時事英語」、外国人講師による「英作文」、「英語討論」といった、より専門化された専攻科目を履修することによって英語の応用能力、実践力を伸ばし、明確な目的をもって「使える英語」を習得することを目標にしています。
各学生の希望によって国際関係、英米文学、英語言語学、英語教育学の演習(ゼミ)を選択し担当教員の指導のもと英語で書かれた専門図書や資料を読み、自身の専攻分野における様々な主題について研究していきます。
本学科では英検、TOEIC、TOEFLなどの資格試験を奨励しています。
学生たちは、英会話クラブ(ESSOKU)をはじめとするさまざまな研究クラブを自主的に運営し、レポート、小論文作成、発表会などの多彩な研究活動を行っています。また学外での集中専攻セミナーは技能実演、研究発表、英語スピーチ大会、英語劇など、日ごろ蓄積してきた語学スキルと研究成果などを発揮する場になっています。
特に年に一度開催する「朝鮮大学校英語スピーチコンテスト」では、毎回高いレベルの英語スピーチが披露されています。ほかにも海外語学研修での体験をもとにした英語雑誌を学生たち自らの手で編集、発行しています。
本学科の卒業生達は英語教育、出版界、貿易業、旅行業など幅広い社会分野で活躍しています。また航空業界、法律、保険、医療、映画、外資系企業などに就職する学生、日本や海外の大学、大学院で学位を取得し活躍している卒業生が多いのも本学科の特徴の一つです。

海外語学研修奨励
海外語学研修は英語圏に短期留学しながら異文化を体験するとともに、英語のスピーキング、リスニングスキルを向上させるプログラムです。外国での生活の中で生きた英語を学びます。世界各地からの留学生との交流もあり、それが朝鮮人としてのアイデンティティを確立するための重要な機会にもなっています。学生の希望に応じて渡航先や渡航期間を選ぶことができます。本学部では、2年次の夏休みを利用しての海外語学研修を奨励しています。