ご挨拶

h_00
朝鮮大学校 学長 張炳泰

朝鮮大学校は、世界に唯一無二の朝鮮の海外同胞大学として、また在日朝鮮人の民主主義的民族教育の最高学府として、1956年の創立以来、 祖国の支援と同胞たちの努力、そして日本と世界の友人たちの声援のなかで、在日同胞社会を担う人材を数多く輩出し、その社会的使命を果たしてきました。
朝鮮半島の平和的自主統一を見据えた東アジアの国際的環境の変化と、著しい科学技術の進歩発展の趨勢、そして在日同胞社会のさまざまな変化の中で朝鮮大学校は、北と南、世界中の在外同胞にとっての共通の財産として、また朝鮮と日本の教育文化交流の拠点としてこれまでにもましていっそう貴重な存在であると言えます。
激動する世紀と多様化する時代のニーズに合わせて朝鮮大学校は近年、北南朝鮮と日本、世界各地の大学との学術、文化、スポーツの交流を活発に行い、「オンリー・ワン大学」の価値と強みを世界に向けて広く発信しています。
同胞社会はもちろん、朝鮮半島と朝日、東アジアの新時代を切り開き、その真ん中で縦横無尽に活躍する人材こそが朝鮮大学校の卒業生であり学生であるという確固たる展望と信念を持って、教育内容と環境の拡充と改善に全力で取り組み、新たなフィールドへの進出に挑戦していきます。
朝鮮大学校は、在日同胞社会が世界に誇る唯一の大学として、民族の輝かしい未来を担いゆく遠大なる抱負と美しい夢と理想を高く掲げ、創立70周年と「民族教育100年」を目指して、さらに力強く前進していきます。