創立60周年を迎えた朝鮮大学校は、新たな時代を見すえ、激動する朝鮮半島情勢、在日同胞社会の期待と多様なニーズにいっそうこたえるため、「L・I・N・K・S(リンクス=L-Leadership/I-Identification/N-Net-Work/K-Korean Culture/S-Science & Technologyの各頭文字から)」という教育理念・コンセプトのもと、民族教育の最高学府でありかつ研究・学芸・文化・スポーツそして統一運動のさまざまな面で、朝鮮半島および在日同胞、海外同胞たちをそれぞれ互いにつなぎ結びつける(=リンクする)交流拠点としての使命と役割を、積極的に果たしていきたいと望んでいます。
「LINKSプロジェクト」とは、このような朝鮮大学校のポジションとミッションを発信し強力に推進していくための多彩な事業と企画、新たな取り組みに、17,000名を超える卒業生を中心とした広範な在日同胞たちが参加、協力し、互いにつながりあうことで、朝鮮大学校の固守発展はもちろんのこと、新時代に見合う朝大の新たな価値の創出と宣伝をはかるプロジェクトです。

2019年度 新企画・取り組みプラン

Plan-1
在日同胞社会とのリンク
◦日本全国17000人の卒業生の人的ネットワークを活用した、在日同胞のための就職斡旋・結婚仲介・ビジネスマッチング事業
◦学部別、卒業期別、地方別 大同窓会開催

Plan-2
朝鮮半島の動き・世界中の同胞たちとのリンク
◦7月と9月に中国延辺大学(2016年~朝大と交流提携)で予定される朝鮮半島国際学術会議への参加と朝鮮とのビジネスに直接携わる中国朝鮮族企業家たちとの交流会をメインとするツアー企画
◦朝大朝鮮問題研究センター(KUCKS)主催 海外同胞研究者・言論人を招く国際討論会(6月、10月、11月)開催

Plan-3
朝鮮の学術、文化、科学技術とのリンク
◦朝大教授によるweb上特別講座開設(動画配信)
◦朝大主催セミナー・シンポジウムなどの動画配信
◦12月20日 朝鮮大学校定期演奏会・初の近畿公演開催決定(東大阪)、近畿地方のウリハッキョも共同参加。
ほか

卒業生のみなさん、
日本と海外の同胞のみなさん、
朝鮮大学校でリンクしましょう。